最近、私のFX仲間たちの間で話題になっていることがあります。
それは、日本銀行のマイナス金利政策についてです。
たとえば、「金利がマイナスになると円高が進むので、きっとFXの勝率が上がるぞ」とか、「これで以前よりも利益が狙いやすくなってくれるに違いない」などという意見が飛び交っています。

私自身は今は諸事情で取引を中断していますので、別段の興味はありません。
しかしマイナス金利は日本経済にとって一種の非常事態のようなものですので、FXにおいても、あまり好ましいこととは考えてはいません。
ですから今後の円高を見込んで大きな取引に走るのは、どうかと思っています。
それはリスクが高いのではないでしょうか。

いずれにしても、相場の値動きは気まぐれです。
「きっと円高が進み続けるに違いない」などと予想しても、それが本当に当たるかどうかは誰にも分りません。
基本的に、思い込みでFXをすることには賛同できません。特に今は世界経済の雲行きが怪しくなっていますので、私はしばらくは様子見をするつもりです。