Loading...

マイナス金利だとFXはどうなるか

最近、私のFX仲間たちの間で話題になっていることがあります。
それは、日本銀行のマイナス金利政策についてです。
たとえば、「金利がマイナスになると円高が進むので、きっとFXの勝率が上がるぞ」とか、「これで以前よりも利益が狙いやすくなってくれるに違いない」などという意見が飛び交っています。

私自身は今は諸事情で取引を中断していますので、別段の興味はありません。
しかしマイナス金利は日本経済にとって一種の非常事態のようなものですので、FXにおいても、あまり好ましいこととは考えてはいません。
ですから今後の円高を見込んで大きな取引に走るのは、どうかと思っています。
それはリスクが高いのではないでしょうか。

いずれにしても、相場の値動きは気まぐれです。
「きっと円高が進み続けるに違いない」などと予想しても、それが本当に当たるかどうかは誰にも分りません。
基本的に、思い込みでFXをすることには賛同できません。特に今は世界経済の雲行きが怪しくなっていますので、私はしばらくは様子見をするつもりです。

投資はギャンブルと同じ?

投資という言葉からギャンブルを連想する人は多いのではないでしょうか。
確かにこの二つは似ています。言い方は少し悪いかもしれませんが、どちらも額に汗を掻くことなく濡れ手に粟的に利益を得る方法、というのが一般的なイメージだからです。
もちろん実際にはそんな単純な物ではなく、投資には経済や政治などの幅広い知識や状況を読んで将来を予測する力も必要ですから額に汗は掻かなくても頭を使う投資は立派な労働なのです。

しかし、未経験者にはそれと競馬や競輪の予想との違いが分かりません、というか同じに見えてしまいます。
例えば株式投資でどの銘柄を買えば、または売れば儲けになるかを見極めるのとどの馬が一着でゴールするかを予想することは根本的に何が違うのか、といった感じにです。

近年話題のFXでは為替相場が上がるか下がるかで資金を投入する。
まさに丁半博打のようなシステムなので一層ギャンブル的イメージが強い投資です。
しかし本来投資とは資金を投入することで経済を成長させ、それによって資産を増やすことですから娯楽であるギャンブルとは明らかに違います。
投資とギャンブルは似ているように見えて実は根本的に違う別のものなのです。